新しい田植え機を購入した玉置さんを芝組合長㊨が激励

 JA紀州中央(芝光洋組合長)は15日、新しく購入した農機具を組合員に届ける新春恒例の「初荷出発式」を行った。販売額は目標の4100万円を大きく上回り(金額非公開)、同JAが合併して以来16年連続で達成。地方ではまだアベノミクス効果が薄く厳しい経済状況の中も、組合員の高い生産意欲と同JAのフットワークの軽さを見せ付けた。芝組合長も直接出向き、生産力アップへ激励した。
 販売台数が最も多かったのは乾燥機の7台で、次いでトラクター6台、コンバインと田植え機5台ずつなど大型農機が好調だった。
 出発式は本所駐車場で行われ、真新しい農機を積んだトラックがずらりと並ぶ前にハッピ姿の職員が整列。芝組合長は「皆さんが日ごろから地域密着でアフターサービスを行っているおかげで、ことしも目標を達成することができた」と職員をねぎらい、「農機の安全を高め、組合員の信頼に一層応えられるよう頑張ろう」と激励した。村井善治専務の発声でジュースで乾杯し、購入者の元へ一斉に出発した。
 新しい田植え機を購入した日高川町和佐、玉置巧さん(62)宅には芝組合長が訪問。記念品を手渡し、「これからもたくさん、おいしい米を作ってください」と期待を込めた。15年ほど前に中古で購入して老朽化したため買い替えた玉置さんは、田んぼ約6反で毎年栽培している。これまでと同じ4畳植えだが、小回りが利いて肥料もやれるなど性能がアップした新品に「使い勝手がよさそう。労力が少し楽になるし、これからもしっかり作っていきたい」とますます意欲を見せていた。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る