県が節電プランの協力呼びかけ

 県は家庭と産業・業務部門に分けて冬場の節電アクションプランをまとめ、それぞれ昨冬同様、平成22年度の冬と比べて6%減を目安として、節電の取り組みを呼びかけている。
 期間は3月31日までの平日(今月30日から1月3日までは除く)で、時間帯は午前9時から午後9時まで。家庭では▽室温20度を心がける▽冷蔵庫の設定を「弱」にする▽テレビ等の電源は本体の主電源を切る――など。産業・業務部門は製造業、医療機関、商業施設などに対して業務に支障のない範囲での自主的な協力を呼びかけ、経済活動に支障が出ないオフィスなどは積極的な協力を求めている。
 県庁については、昨冬と同じく10%以上を目標とし、廊下の照明の50%消灯、昼休みの課室内の全消灯、室温は19度以下の徹底、電熱式暖房器具の使用禁止を実行中。仁坂吉伸知事は「あくまでも、体を壊したり、業務に支障が出ない範囲での協力要請。県庁が率先しながら、県民の皆さまにもこまめに取り組んでもらいたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る