県が節電プランの協力呼びかけ

 県は家庭と産業・業務部門に分けて冬場の節電アクションプランをまとめ、それぞれ昨冬同様、平成22年度の冬と比べて6%減を目安として、節電の取り組みを呼びかけている。
 期間は3月31日までの平日(今月30日から1月3日までは除く)で、時間帯は午前9時から午後9時まで。家庭では▽室温20度を心がける▽冷蔵庫の設定を「弱」にする▽テレビ等の電源は本体の主電源を切る――など。産業・業務部門は製造業、医療機関、商業施設などに対して業務に支障のない範囲での自主的な協力を呼びかけ、経済活動に支障が出ないオフィスなどは積極的な協力を求めている。
 県庁については、昨冬と同じく10%以上を目標とし、廊下の照明の50%消灯、昼休みの課室内の全消灯、室温は19度以下の徹底、電熱式暖房器具の使用禁止を実行中。仁坂吉伸知事は「あくまでも、体を壊したり、業務に支障が出ない範囲での協力要請。県庁が率先しながら、県民の皆さまにもこまめに取り組んでもらいたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る