うめ振興館に住民のアイデアを

 利用が年々減少しているみなべ町のうめ振興館を有効利用しようと、住民で結成する活用検討委員会が先月に発足。これまで2回の会合が開かれた。同館は平成9年に建設されたが、近年、来館者数は減少しているのが現状。オープン当初は有料だったが平成16年に無料化し、18年には2万3568人が来館。だがそれがピークとなり、昨年は1万6611人にまで落ち込んでいる。委員会ではこうした状況を打開しようと6人の委員で協議を始めた。
 これまでの会合では、まずは住民から広くアイデアを募集することを決定。来年の1月から3月まで町内外を問わずに募る。また、来館者が多い観梅時期にアンケート調査も実施する。より広く意見を求めるために、6人の委員以外にオブザーバーを公募することも決めた。うめ振興館の運営にアイデアを出し、町のためにと思う人はぜひとも応募してもらいたい。応募内容については1月の町広報誌に掲載される。
 しかし、大きな壁となっているのが使い方を自由に変えられないということだ。建設時に国の補助金を活用しているため、目的外の使用は難しくなるという。同館は3階建てだが、特に1・2階の資料館については大きく変化させるのは困難だという。新しい活用には縛りがかかり、羽交い絞めの状態になっているといえる。
 しかし、行政の方から住民へ「アイデアを出してもらい利用者減に歯止めをかけてほしい」と呼びかけている案件。住民が行政と一緒になって施設のあり方を検討できるいい機会だ。各委員が中心となり、大勢の知恵を生かしながら町のシンボルの再構築に向けてメスを入れてもらいたい。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る