「まいど1号」の青木社長が日高高校で講演

 日高高校・付属中、同窓会、双成会の日高未来塾講演会が22日に同校で開かれ、生徒や保護者ら約1000人が来場。講師に平成21年に打ち上げられた人工衛星「まいど1号」開発の提唱者で知られる航空機部品製造・㈱アオキ(東大阪市)の青木豊彦社長(68)を迎えて「夢にはこうして立ち向かえ」をテーマに聴いた。
 青木社長は「歯ブラシからロケットまで」をキャッチフレーズに、ものづくりのまちとして東大阪に再び元気を取り戻そうと9年がかりで人工衛星の打ち上げに取り組んだ経緯を説明。「おっちゃんには金がなかったが、何万人もの人が助けてくれた。何かをやろうとすれば『絶対できる』と思うことが大事」と訴えた。竹島問題で日韓関係が悪化したときに韓国の学生に講演したことも紹介し、「現地の学生は両国の歴史を理解した上で融和しなければならないという考えを持っていた。さらに非常に勉強熱心。こんな学生たちが成長すれば経済的にもやがて韓国に負けるかもしれない」と警鐘。また、来年日高高校が創立100周年を迎えることにも触れ、「アジア各国から学生を呼んでフォーラムを開催するのは全国でも初の試みではないだろうか。おっちゃんも何か協力したい。君らはそんな日高高校に誇りを持たなければならない。社会人になって会社で働いても同じで、その会社に誇りを持とう。人工衛星に取り組んだのも誇りを持てる大阪のまちにするための手段の一つ」と語った。参加者たちは熱心に聞き入り、それぞれ自分の夢を見つめ直す機会となった。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る