記憶力を高めよう

 最近、何かと予定が多い。数年前まではスケジュール帳に予定を記していたが、ここ何年かは携帯電話やスマートフォンを活用。手帳よりも確実に身につけているので、いつでもすぐに登録したりチェックすることができる。唯一、電話中に予定をチェックしづらいのが問題だ。とにかく、すべての予定をスマホ頼りにしているせいか、自分ではほとんど覚えていない。このまま記憶力が低下し続けないか心配だ。そんな中、先日日高高校附属中学校の出前授業で、京都ノートルダム女子大学の松島るみ准教授から「記憶力を高めるために」の講義を取材した。
 松島准教授は「人に話すこと」と覚えようとすることを「意味付ける」などの記憶法を紹介。実験として絵を14枚用意。2枚1組にし、1組数秒ずつ生徒に見せたあと、片方の絵を出しペアになっていたのはどんな絵かを尋ねた。絵はほとんど落書きのような意味のない絵で、丸暗記しようとしてもなかなか覚えられない。続いて2回目の実験では別の14枚の絵を用意。1回目と同じような意味のない絵だったが、今度は無理やり意味をつけた説明文を添えていた。筆者も試してみたが、意味付けることで覚えようとせずとも自然と頭に入ってきて、ペアの絵がすぐに思い出せた。工夫ひとつで記憶に大きな差が出ることを実感できた。
 考えてみれば語呂合わせや電話番号など、昔から覚えていることは何らかの意味づけをしているように思う。勉強でいろいろ覚えることが多い中学生はもちろんだが、社会人にも記憶力は大事。忘れてはいけないことは「何々だからする必要がある」など意味付けたり、人に話すよう心がけよう。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る