黙秘権はゴミ屋敷化のサイン

 「おまえには黙秘権と弁護士を呼ぶ権利がある…」。アメリカの警察官が犯人を取り押さえ、逮捕する瞬間に読み上げる「ミランダ・ルール」と呼ばれる警告。映画ではよく主役の刑事が凶暴な相手に銃口を向け、背中越しに身体検査をしながら、面倒くさそうに告げるシーンがかっこいい。
 黙秘権とは、自分に不利益になると思う供述は強要されないという権利。通常、刑事裁判や警察の取り調べ以外に、ふだんの生活でこの権利を行使することも、言葉自体を使うこともない。が、日常生活でも、「黙秘権か」とツッコミを入れたくなるほど、何もしゃべらない相手に困ることがある。
 たとえば、会社の上司と部下。ミスを繰り返す部下に「なぜこんなことになるのか」「おまえはどう思うのか」などと、何を聞いても「はい」としかいわない。教師と生徒もしかり、このような生徒に比べ、教師に対して反抗的に食ってかかってくる不良の方がはるかに指導しやすいという。
 公共工事の用地交渉でも、相手がこのような黙秘権行使型のケースはある。担当者がアポをとって訪ねても居留守を使い、テーブルについてもハナからだんまりで、理由もなく「NO」。取りつくしまもないとはまさにこのことで、何度出向いても同じことの繰り返し。いっそ法外な値段や必要以上の補償を要求された方が、交渉の糸口をつかめるだけにやりやすいとも聞く。
 社会生活の中の黙秘権行使は、コミュニケーション能力に障害があると受け取られてしまいがち。周りに疎まれ、気がつけばゴミ屋敷の主のように孤立し、心身の健康を損なってしまうことにもなる。
 日常的な黙秘権はその前兆。周囲がつながりを切らさず、粘り強くかかわっていくことが必要だ。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る