イタリア産ワイン 「ヴィーノ」解禁

 ワインの新酒が出回る季節となり、30日は「イタリアのボジョレー」とも呼ばれるヴィーノ・ノヴェッロが解禁。御坊市名田町上野のイタリア料理店「ペンションヒラオカ」にも南イタリア、プーリア地方のヴィーノが登場し、この日を待ちわびたワイン好きがことしの初物を楽しんだ=写真=。
 ヴィーノ・ノヴェッロはイタリアのほとんどの州でさまざまな品種のブドウを使って造られており、産地によって味わいに違いがあるのが特徴。ヒラオカが入荷するヴィーノの産地、プーリア州は、地図でみるとブーツのかかとの部分にあたり、南部の温暖な地方で栽培された糖度の高い完熟ブドウで醸造されるため、日本で有名なフランスのボジョレー・ヌーヴォーよりも酸味が少なく、飲みやすいという。
 同店のコック兼ソムリエの志賀量太さん(27)は、「去年はジューシーでパワフルな印象でしたが、ことしは青いイチゴのようなフレッシュでみずみずしい味わい。ワインが苦手という方にもオススメです」。店頭ワインショップ(℡0738-29-2851)でも購入できる。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る