龍神村に爺婆の店オープン

 県の過疎集落支援総合対策事業で、田辺市龍神村柳瀬地内に地元の産品を売り出す直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」がオープンした。安井地内の龍神地域振興館の一部を改修した加工場でつくったサトイモコロッケなどが並ぶ。運営する「村の爺婆会」(辻達行代表、29人)の会員は大半が70歳以上で、辻代表は「直売所は高齢者の生きがい」と笑顔で話している。営業日は基本的に土日曜日(午前9時から午後4時まで)。
 龍神村は昨年度に県の過疎対策総合事業に指定され、本年度から3年間にわたって県の補助を受けながら過疎対策事業に取り組んでいる。今回の直売所もその一環。龍神地域振興館1階の一部(約50平方㍍)を改修し、作業所と倉庫を備えた加工場を設けた。直売所は、加工場から約3㌔離れた国道424号と県道田辺龍神線の交差点付近の市有地に新設した。木造平屋で約20平方㍍。
 基本的に加工場でつくられた商品を販売する形で、村の特産のサトイモをつかった商品などが並んでいる。サトイモコロッケのほか、サトイモとあんを合わせて入れたもち、サトイモの茎(ズイキ)を使った巻き寿司などが出店され、開店が近づくと、村の爺婆会のメンバーがボランティアで仕込みを行っている。オープン初日の13日には、大勢が来場してにぎわった。
 辻代表は「加工作業などの時は和気あいあいとした雰囲気で、みんな楽しみながら取り組んでいる。今後も商品開発を進め、村のおいしい食材をPRしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る