台風18号 農林業被害9000万円超

 県は19日、15日から16日にかけて日高地方でも猛威を振るった台風18号による農林業被害をまとめた。被害総額は県全体で4億1984万円、日高地方でも農地や農業用施設を中心に9000万円以上の被害が出た。
 県農林水産総務課によると、農作物被害は2億3889万9000円で、最も被害を受けたのは紀北筋のカキで1億4291万円。日高地方では定植を終えた美浜町のキュウリや御坊市周辺の水稲が倒れるなど被害額合計235万円だった。被害額は農地・農業用施設の損壊が大きく、日高町で38カ所・5000万円、印南町18カ所・3700万円、日高川町2カ所・500万円となった。被害調査は引き続き行われており、被害額は今後増える可能性がある。
 林業関係は県全体で3995万円の被害額で、日高地方は目立った被害はなかった。水産業関係は現在調査中となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る