些細なトラブル回避には

 雑誌などで掲載されていた話だが、自分の子どもの名前をつけるのに周囲の人に相談するのはあまりよくないそうだ。子どもが生まれるというのは両親にとっては最高の喜びであり、その子を表す「名前」を考える時には一番力が入るところ。自分の両親やきょうだい、親戚などにもアドバイスをもらって命名したいと思うのも無理はないが、実際に「こういう名前にしよう」と決めているのを周囲の人に話してしまうと、あーでもない、こーでもない、本当にそれでいいのかなんて次から次へと待ったがかかり、スムーズにいかなくなるらしい。両親にしてみれば自分から相談を持ちかけておいて、とやかく言われて少しでも気を悪くするのなら何のメリットもなかったということになりかねない。普段の会話にありがちな些細な行き違いなども「別に言わなくてもいいことを口にしないでおく」ためのちょっとした知識があれば回避できるものだと改めて知った。
 「別に言わなくていい、余計な…」というのは世の中にあふれ返っている。女性に対して「きょうは、綺麗ですね」なんていうと、「いままでは綺麗と思ってなかったの」なんてことになりかねない。「きょうは」はつけなくていい余計な一言だ。会社の上司と部下、スポーツの指導者と教え子、教師と生徒など社会には無数の人間関係がある。余計な一言が良好な関係を一気に壊してしまう恐れがあり、気をつけなければならないと思う。
 実際、「言わなくていいこと、余計なこと」の選別は難しい。失敗しないためには知識とともに、とにかく相手の気持ちになって、相手を思いやって対応するということだけは忘れないようにしなければならない。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る