御坊市消防がガソリン取り扱い啓発

 京都府福知山市の花火大会での爆発事故で、ガソリンの引火が原因との見方が強まっていることを受け、市と日高広域両消防が取り扱いに注意するよう呼びかけている。
 ガソリンは非常に引火しやすく、火がなくても体に蓄積された静電気で火災になるケースも実際に報告されている。貯蔵する場合は、金属製容器に入れることが必要で、ポリタンクは火災が起こる危険が高い。金属製の携行缶でも夏場は温度が上がって蒸気圧が高くなり、そのままフタを開けるとガソリンがあふれたり吹き出すことがある。開ける前に圧力調整弁を操作するなど説明書に書かれた正しい取り扱いを実践することが重要だ。両消防では「携行缶だけでなく、セルフスタンドでの給油、農機具への燃料補給を行うときは、必ずエンジンを切って事故予防に努めてほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る