31日 県と政府が広域医療搬送訓練

 南海トラフの巨大地震など大規模災害の発生に備え、県は31日、政府と共同で初の広域医療搬送訓練を実施する。南紀白浜空港にSCU(臨時医療施設)を開設、全国から30組のDMAT(災害時派遣医療チーム)を陸路と空路で受け入れ、県内11の災害拠点病院等に投入し、県外医療施設への患者搬送等をシミュレーション。日高地方は市内の国保日高総合病院が参加し、白浜空港のSCUとの連携を演習する。
 大規模災害時の被災地内は多くの負傷者の発生、医療施設の機能低下により、十分な医療が確保できないことが予想される。今回の訓練は政府と共同で広域医療搬送のあり方を検証する目的で、県内の全災害拠点病院、災害支援病院のほか、県、航空自衛隊、海上保安庁などから約1000人が参加。航空機も自衛隊の輸送機、海上保安庁のヘリコプター、県ドクターヘリなど10機が投入され、県外から医師と看護師、業務調整員の計5人で編成するDMAT30チームを受け入れる。
 白浜空港には広域医療搬送拠点のSCUが開設され、このSCUが臨時医療施設として負傷者の応急手当てを行い、日高病院や南和歌山医療センター、新宮市立医療センターなど5つの病院にDMATを投入。各病院は救急車や自衛隊ヘリなどで患者をSCUに搬送、重傷者は自衛隊の輸送機で県外の医療機関(訓練では長崎空港)へ搬送する。紀北、紀中地域については、高速紀ノ川SAが陸路のDMAT参集拠点となり、各病院からの重傷患者は大阪の八尾空港がSCUとなって受け入れ、府立急性期総合医療センターに搬送される。
 今回の訓練には大阪、奈良、兵庫、鳥取からDMAT13組が陸路、富山、石川、福井などからDMAT17組が空路で和歌山入り。県医務課は「昨年は西日本の自衛隊災害医療機関との合同訓練を実施したが、ことしのような全国をエリアとした本格的な実働搬送訓練は初めて。高速のSAを使用するのも初めての試みで、大災害に備えて関係各機関との連携のあり方、課題を検証できれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る