切目川ダム関連の道路付替が着々

 県が印南町で進めている切目川ダム関連の国道425号高串~上洞間の付け替え工事は、今秋にも一部の供用を開始することになった。延長2.3㌔区間のうち住民の利便性が高い1.8㌔区間で、少しでも早く使えるようにと、予定を変更して優先的に実施。現行の道路は狭く対向が困難な個所も多く、住民からは早期完成の声が上がっている。
 付け替え工事の全体計画は、田ノ垣内地内の弥栄橋付近から上洞地内の川又との境界付近までの全長約5㌔。既存の道路は幅員が狭いうえ、見通しの悪いカーブも多い。工事では幅員5.5㍍の2車線にするほか、直線でつなぎ全長3.6㌔まで短縮する。
 工事は平成16年度に田ノ垣内側からスタート。橋の架設とトンネルを中心に進め、1号橋(63㍍)、2号橋(55㍍)、3号橋(99㍍)、4号橋(78㍍)と高串トンネル(320㍍)を整備。22年8月に田ノ垣内地内の弥栄橋付近から高串トンネル東側までの1.3㌔区間の供用をスタートした。
 23年度から高串~上洞間の2.3㌔区間を高串方面から取り掛かり、昨年度までに高串トンネル東側の5号橋(67㍍)を架設するとともに、高串と上洞をつなぐ2号トンネル(721㍍)を貫通させた。
 本年度も引き続き上洞地内で道路の新設・拡幅を進めており、この区間では最後の橋となる6号橋(86㍍)がこのほど架設。今後の主な工事は上洞と川又の間の山間部0.5㌔の新設で、もともとこの区間を含めた2.3㌔区間全体での供用開始を計画していたが、住民の利便性を考えて、これまで工事を進めてきた旧稲田商店付近までの1.8㌔区間を優先的に実施することを決めた。1.8㌔区間は大半の新設・拡幅作業が完了しており、舗装を残すのみ。順調にいけば9月末ごろ完成する見通しで、完成後は開通式など行わず、すぐに供用させる。残る0.5㌔は山間部を削っての道路新設が中心で、年度内の完成を目指す。総事業費は約72億円となっている。
 田ノ垣内~上洞区間の延長となる上洞~川又間は、昨年度新規採択され、ルートの調査などが行われてきた。本年度は橋梁やトンネルの詳細設計、用地交渉などに取り掛かっており、詳しい完成時期は未定だが、順調に進めば29年度ごろと想定されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る