みなべの光明寺で六斎念仏

 みなべ町晩稲、西山浄土宗光明寺(和田教完住職)で14日から県指定無形民俗文化財の「六斎念仏」が営まれている。いまから400~500年前、旅の僧侶が滞在して地元住民に経を教えたのが始まりと言われている。現在は保存会(嵜山瀁会長)が毎年法要を実施。ことしも23日までの期間中に計5日間行われ、厳かな経が響きわたる。
 言い伝えによると、当時、晩稲の下の尾地区に旅の僧侶が長期にわたって滞在。「七つ子」「賽の河原」「六字訓」「四方拝」「山ごもり」「身売り」の6曲の経を伝えた。1曲は15~30分。戦前は光明寺の盆行事として広く住民に親しまれていたが、戦争で一時中断。戦後に寺や檀家信徒らの努力で復活し、現在は信徒でつくる六斎念仏保存会が継承している。昭和44年4月、「紀南地方の浄土宗の隆盛を物語る仏教芸能の一つで、文化遺産としての価値は高い」と県無形民俗文化財に指定された。
 ことしも保存会のメンバー6人が実施。初日の14日午前中に4カ所の墓地で「四方拝」を行い、夕方から同寺の英霊堂で「四方拝」、地蔵堂で「七つ子」、本堂で「六字訓」、内仏で「四方拝」をそれぞれ唱えた。鉦(かね)を打ち鳴らしながら独特の読経の声が響いた。16日には薬師堂で行われ、17日には常楽観音と庚申、20日には大師堂、23日には地蔵堂、本堂、英霊堂と続く。嵜山会長は「保存会のメンバーは60~80歳代と高齢化しているが、地元に伝わる文化を今後も守っていきたいと思う」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る