高速有田田辺間促進協議会が設立

 御坊、美浜、日高、由良、印南、みなべ、日高川、有田、湯浅、広川、有田川、田辺の12市町でつくる近畿自動車道紀勢線有田南紀田辺間整備促進協議会の設立総会が6日に商工会館で開かれ、首長や議会議長ら40人が出席した。
 同協議会は有田-田辺間の4車線化促進を図るため国や県への要望活動、調査研究を行うのが目的。規約の承認のあと、役員選出では会長に柏木征夫市長、副会長に中山正隆有田川町長、監事に望月良男有田市長と真砂充敏田辺市長を決めた。就任あいさつで柏木会長は「二階先生らから有田-御坊間の4車線化を5年でやれというお話をいただいている。実現のためスクラムを組んで頑張ろう」と述べた。
 関係者によると、5年後の完成を目指すためには、とにかく用地取得をスムーズに進めなければならず、早ければ来年度にも一部工事発注できるぐらいのペースが必要とされている。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る