小学生ソフトテニス 県代表が日本一

 第30回全日本小学生ソフトテニス選手権大会が1日から3日まで山梨県甲府市小瀬町で開かれ、団体で県代表チームが男女そろって優勝。日高ジュニアから橋本惇矢君(御坊6年)、辻浦才暉君(野口6年)、塩路ほのかさん(志賀6年)、印南ジュニアから川村脩人君(印南5年)、大原礼慈君(印南5年)の合計5人がメンバー入りしており、優勝に大きく貢献した。
 団体は男女とも47都道府県から48チーム(開催県2チーム)が出場し、3チームごとの予選と決勝トーナメントで熱戦を繰り広げた。県代表男子は予選で青森を3-0、沖縄を3-0で下し通過。決勝トーナメント初戦で広島、2回戦で東京をいずれも2-0。準決勝で愛知、決勝で兵庫をいずれも2-1で下した。メンバー入りしている橋本・辻浦組は予選1試合、決勝トーナメント3試合の合計4試合で勝利。川村・大原組も予選で勝利を収めた。
 女子は予選で新潟を3-0、山形を3-0。決勝トーナメント初戦で島根、2回戦で東京をいずれも2-0。準決勝で愛知、決勝で兵庫と対戦しいずれも2-1で破った。塩路さんは和歌山LCCの福田ゆいさんとペアを組んで出場。予選、決勝トーナメントとも勝利を重ねチームに貢献した。
 塩路・福田組は192組が出場した個人でも2位に入るなど、大活躍だった。
 

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る