箕島は初戦で涙

 大会初日の第3試合では県代表で髙川進投手(3年、日高川町)がメンバー入りしている箕島が日川(山梨)と対戦したが、2―4で惜しくも敗れた。
日川
1001110004
0000200002
箕島
 箕島は5回、村田の左中間二塁打を足がかりに1死三塁と攻め、権城の大きな中犠飛でまず1点。さらにこの回、森下の右中間三塁打と暴投で1点を返し、1点差に迫った。先発・須佐見は初回、4回、5回にそれぞれ本塁打を浴び、6回は2失策など守りのミスで1点を奪われたのが痛かった。打線は6回に中西の二塁打などで1死三塁としたが、後続が凡退。7回から最終回までの3イニングも走者を出したもののあと一本が出ず、29年ぶり夏の甲子園で初戦突破はならなかった。
 髙川投手は8回から2番手登板。8回は先頭打者に四球を許したが二ゴロ併殺で切り抜けた。9回も先頭打者に安打を打たれたものの踏ん張り、大舞台でも落ち着いた投球を見せた。最終回1死一塁の場面で巡ってきた打席では三振を喫した。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る