ボーイズリーグ 2選手が関西選抜入り

 公益財団法人日本少年野球連盟ボーイズリーグの第14回ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会(23・24日、愛媛県・坊ちゃんスタジアム等)に出場する小中学生2部門の関西選抜に、地元2選手がメンバー入りを果たした。両部門とも、全国5ブロックの選りすぐり選手で結成された6チームが参加、優勝目指して激突する大舞台。地元2選手は中学生の部に和歌山日高/マリナーズの滝本塁貴君(14)=日高中3年=、小学生の部に和歌山御坊/ジュニアタイガースの中島大輔君(12)=川辺西小6年=が選出され、両君とも迫る本番へ闘志を燃やしている。
湯川ボーイズ野球滝本君.jpg片山ボーイズ中島.jpg
 滝本君は163㌢・55㌔、右投げ右打ちの内野手兼投手。マリナーズでは1番打者。50㍍6秒7の俊足、高いミート力を生かした確実性の高い打撃、鉄壁の守備と走攻守三拍子そろった選手で、今春は県予選優勝、全国大会出場の原動力となった。関西選抜では「すごい投手が出場してくると思うので対戦が楽しみ。自分のバッティングが通用するかどうか試したい。守備ではピンチを救うプレーを見せたい」と攻守ともに活躍を誓い、「関西選抜は10年ほど優勝していないと聞いているので、優勝を狙ってきたい」と闘志満々だ。
 中島君は150㌢・40㌔、右投げ左打ちの外野手、タイガースでは1番打者。特に県小学生陸上競技選手権大会優勝、2年連続の全国大会出場も決めている100㍍13秒24の走力が光り、好機を作り出す得点のキーマンとしてチームに欠かせない存在となっている。内野手、投手もこなせる器用さもあるが、関西選抜では「塁に出て足でかき回すのが持ち味。もっと走塁の技術を磨いて本番でも盗塁を決め、チームに役立つプレーがしたい」。自慢の俊足でダイヤモンドを駆け回り、チームの勝利に貢献するつもりにしている。
 関西選抜は中学生の部20人、小学生の部18人を選出。中学生の部は150チーム近く、小学生の部は50チーム以上の中から高い実力を持つ選手に白羽の矢を立てた。県内からは滝本、中島両君とも唯一のメンバー入り。滝本君は今春の県予選でのプレー、中島君は選抜選手を決めるトライアウトで高い評価を受けた。
 大会は両部門とも初日に3チームずつ2ゾーンに分かれての予選リーグ、2日目に両ゾーンの上位2チームによる決勝トーナメントで熱戦が展開される。関西選抜の予選リーグの相手は中学生の部が東日本、中国、小学生の部は中日本、中国となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る