みなべ千里の浜のウミガメ産卵 今季は265回

 みなべ町山内の千里の浜で、今季のアカウミガメの上陸・産卵がほぼ終了。日本ウミガメ協議会やみなべウミガメ研究班の22日現在のまとめによると上陸が547回、産卵は265回だった。比較的順調に推移し、昭和56年の調査開始以来過去3番目に多かった昨年(上陸728回、産卵293回)より下回ったが、産卵回数では過去6番目となった。
 千里の浜は本州有数のウミガメの産卵地。ことしは序盤から順調で、5月14日に初めて上陸と産卵を確認し、前半は昨年と同程度のペース。一日35回の上陸も確認され、関係者らによると「近年、一日の上陸回数がこんなに多かったのは記憶にない」という。ピークは7月上旬から同月中旬ごろとなったが、後半はあまり伸びず、昨年と比較して上陸で181回、産卵で28回下回った。
 みなべウミガメ協議会が昭和56年から行っている産卵回数の調査によると、ことしの265回は過去6番目。平成3年が最も多く348回、2番目が2年の328回。このあと、昨年の293回、22年の274回、20年の269回と続いている。7月末ごろからは生みつけられた卵のふ化も始まっており、9月末ごろまで続くという。ウミガメ協議会は「ことしは台風の接近がなく巣穴の流失はないが、雨が少なく日照り続き。砂の中の温度が上がり過ぎると卵が熱死してしまうこともある」と心配している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る