寄る年波を押し返せ

 サザンがこの夏、5年ぶりに活動を再開する。活動休止を繰り返し、メンバー同士の確執、脱退…解散の危機を乗り越え、デビュー以来、無期限の活動休止に入った5年前まで30年間、ヒットチャートを駆け抜けてきた。メンバーはもうすぐ還暦。もうこのままサザン復活はないかも…という思いもよぎったファンに、突然のうれしいニュースが届いた。
 70年代、サザンより4年早くデビューしたハードロックのヴァン・ヘイレンが15年ぶりに来日した。エドワード・ヴァン・ヘイレンは桑田佳祐と同じ58歳、今回の来日も昨年11月の予定が急病のために延期となったが、24日には大阪市中央体育館でデヴィッド・リー・ロスとともに『ジャンプ』などのヒット曲を披露した。
 日米のスーパーバンドはやはりライブがあってこそ。とはいえ、35年、40年という長いキャリアは当然、メンバーも寄る年波には勝てず、「スタンド~ アリーナ~」のシャウトも息切れしがち。オープニングから総立ちのファンも、内心は「いきなりかいな…」。ヴァン・ヘイレンの大阪公演に行った同級生のオッサンは、「最後まで立ちっぱなしで腰痛いわ」と照れ笑いだった。
 メンバーは味わいのある灰色、まさに「いぶし銀」の域のサザンとヴァン・ヘイレン。ファンは子どもと一緒にテレビでEXILEやAKBを見ても、まったく興味のないその映像は、網膜の奥に光が当たっても、そこから脳までの情報が十分に届かない。悲しいかな、HIROもAKIRAもさしこもまゆゆも、みんな同じ顔に見えてしまうのだ。
 40代、50代のサザンファンの皆さん。ライブに行くときは飛び跳ねてアキレス腱を切ったり、ぎっくり腰にならないよう、準備運動と水分補給をお忘れなく。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る