御坊市がホームページ管理、運営業者を公募

 市はホームページのリニューアルに向けて新たなデザインの作成や更新など日々の管理、運営を委託する業者を公募している。これまで職員が行っていたが、専門業者の技術やセンスでより見やすく、分かりやすい情報発信に努める。ことし8月までに委託業者を選定し、早ければ年内のホームページリニューアルを目指す。
 市のホームページは総務課情報化推進室の職員が管理、運営しているが、かねて市民から「どこに何があるのか見にくい」「あまり更新されていない」などの声があった。業者委託は、データを入れておくサーバーごと管理してもらうASP(アプリケーションサービスプロバイダ)方式を採用。県内市部では海南、新宮市が導入している。委託を受けた業者は市から提供される各種情報をもとにホームページを作成、更新する。
 業者の選定は、公募型プロポーザル方式で、各業者からホームページの企画を提案してもらい、最も優れた内容を選ぶ。業者への委託料の上限額は、システム導入費が200万円、毎月のシステム使用料が10万円。公募の締め切りは7月8日。
 各業者のプレゼンテーション、ヒアリングは7月29日から8月2日まで。選定結果の通知は8月7日を予定している。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る