25,26日大雨 小中で住宅床下浸水

 梅雨前線の活発化に伴い、25日夜から26日午後にかけて降った西日本の大雨は、県内で人的被害はなかったが、JRなど交通機関に影響が出たほか、日高町では住宅1世帯が床下浸水した。
 県などのまとめによると、JR紀勢本線は、紀伊由良駅の雨量計が規制値を超えたため、御坊―湯浅間が午前9時54分から午後1時ごろまで運転を見合わせた。日高地方の道路関係では御坊市内の2カ所の市道が冠水、市内藤田町吉田―藤井地内の道成寺付近と日高町小浦―方杭地内の県道が冠水、由良町大引地内の県道が崩土のためそれぞれ通行止めとなったが、いずれも夜までには解除された。
 日高町の床下浸水は小中地内の県道沿いの民家に水路からあふれた水が流れ込んだ。住人の高齢女性の生活に支障はなく、27日朝には町職員が殺菌消毒を行った。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る