劇団RAKUYU 感動の15周年記念公演

 劇団RAKUYU(松本こうじ代表)の結成15周年記念、第10回公演「奇跡の人 ヘレン・ケラー物語」は9日、市民文化会館大ホールで上演された。見えず聞こえず話せないという三重苦を乗り越えたヘレン・ケラーと師のアニー・サリバンを、団員は体当たりで熱演。情熱をかけて全身で打ち込む教育が報われる物語に、大きな感動の拍手が送られた。
 アメリカ南部・アラバマ州の軍人の家庭。病気で視覚も聴覚も失った少女ヘレンのもとに、自身も視力が弱く盲学校を卒業したばかりのアニーが家庭教師としてやってくる。両親は教育の方法が分からずやりたいようにさせていたが、アニーは「自力で生きていけるようにしなければ」と、格闘しながらヘレンにテーブルマナーを教えていく。両親はそれで満足だったが、アニーは「言葉さえ覚えれば人とかかわり合える。闇の世界にいるヘレンになんとか光を」と指文字でアルファベットを教えるが、まねをして繰り返すことはできても、どうしても意味を理解できない。別荘で2人だけの生活を送り、あと少しのところまで成長したが、約束の期限が来て家に戻るとまた甘やかされ、マナーを無視して食事しようとする。「今きちんとやらなければ元に戻ってしまう」とヘレンをしかり、一緒に井戸に水をくみに行くアニー。水を手にかけながら「ウォーター」と指でつづった瞬間、ヘレンはその意味を理解し、言葉の存在に開眼。「大地」「階段」などの言葉を教わり家族と喜び合ったあと、ヘレンは初めて指で「先生」とつづり、アニーと抱き合う。若き教師アニーの一人の少女を思う情熱、献身的な努力が実を結んだ感動に、客席では涙する姿もみられた。
 全員が登場してのカーテンコールでは、素晴らしい演技をたたえて大きな拍手が送られた。

関連記事

フォトニュース

  1. 藤娘がお出迎え

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る