日高川首長選 現新一騎打ちへ

 任期満了に伴う日高川町首長選は、きょう14日に告示する。
 現職玉置俊久氏(63)=玄子=と元役場公室長の新人市木久雄氏(61)=下田原=が立候補の予定で一騎打ちが確定的。これといった争点はなく、4年間の玉置町政を問う選挙で、玉置氏は「GO Forward(前進)」をモットーに安心・安全で夢のあるまちづくり、市木氏は「有言実行、信頼される町政」をスローガンに地に足のついた住民に密着した町政を訴えている。
 14日、玉置氏は午前8時半からの立候補届け出を済ませ、小熊の川辺事務所で出陣式。町内全域を街宣し、役場本庁前、中津支所前、美山支所前で決意を述べる。一方、市木氏も届け出後すぐに小熊の川辺事務所で出陣式を行い、第一声。町内全域を巡り、高津尾の加藤善商店石油店前、美山事務所、寒川の三尾屋前、山野小学校付近で街頭演説を行う。
 3カ月近くにわたり繰り広げてきた町政のかじ取り役を決める戦いは前哨戦からいよいよ本番へ。「現町政の前進」を掲げる玉置氏か、「住民密着の町政」を訴える市木氏か。8808票をめぐり、合併9年目を迎えた町は熱い5日間に突入する。
 13日現在の有権者数は8808人(男子4058人、女子4750人)で、川辺5346人、中津1843人、美山1619人。投票所は川辺16カ所、中津7カ所、美山8カ所の計31カ所。期日前投票は15日から18日までで会場は本庁(午前8時半~午後8時)、中津、美山の両支所(同~午後6時)。小川地区は16日(正午~午後1時)。19日の開票は川辺西小体育館で午後8時から。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る