みなべの梅 ひょう被害2400万円

 先月7日と14日にみなべ町と田辺市の一部地域で降ったひょうで、 梅に対する被害が両市町合わせて約5200万円だったことが県のまとめで分かった。 うちみなべ町では約2400万円の被害が発生。 被害農家らは 「部分的な被害だったが、 収穫前の梅の果実に傷がついて商品価値が下がってしまった」 とがっかり。
 7日の降ひょう被害はみなべ町の岩代、 西本庄、 清川で発生。 岩代、 西本庄では午前8時ごろ、 清川では正午ごろにひょうが降り、 2183万円の被害が発生した。 被害面積は207㌶だった。 14日の降ひょうは午後2時ごろにあり、 みなべ町と田辺市にまたがって被害が発生。 みなべ町では堺、 東吉田、 埴田の132㌶で207万円の被害が出た。 田辺市では芳養、 中芳養の50㌶で2800万円の被害。 発生当初は果実の傷が確認しづらかったが、 時間の経過とともに、 ひょうによる果実の損傷部分が茶色く変色している。
 昨年は5月17日にみなべ町、 印南町、 田辺市で降ひょうがあり、 全体の被害面積は558㌶、 被害総額は1億1101万円に上った。 県地方気象台によると、 「降ひょうは、 上空の気温が低く雷が発生しやすい状況になる春などに多い」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る