紀南海上安全対策協が救命胴衣PRへ

 海のレジャーシーズンを前に、 ライフジャケットの着用率アップへ向けて紀南地区海上安全対策協議会は、 啓発用タオルを1000枚作った。 街頭キャンペーンや講習会で配布していく。
 釣り人らが海に転落して死亡する事故を1件でも減らすため、 少しでも意識を高めてもらおうとの取り組み。 海など水辺のレジャーに持ち出しやすいタオルにした。 「ライフジャケットを着用しましょう」 の文字と、 弁慶姿の海上保安庁のマスコットうみまるのイラストを入れ、 かわいく仕上げている。 事務局の田辺海上保安部では 「自分の命を守るため、 救命胴衣を着用して海のレジャーを楽しんでほしい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る