紀南海上安全対策協が救命胴衣PRへ

 海のレジャーシーズンを前に、 ライフジャケットの着用率アップへ向けて紀南地区海上安全対策協議会は、 啓発用タオルを1000枚作った。 街頭キャンペーンや講習会で配布していく。
 釣り人らが海に転落して死亡する事故を1件でも減らすため、 少しでも意識を高めてもらおうとの取り組み。 海など水辺のレジャーに持ち出しやすいタオルにした。 「ライフジャケットを着用しましょう」 の文字と、 弁慶姿の海上保安庁のマスコットうみまるのイラストを入れ、 かわいく仕上げている。 事務局の田辺海上保安部では 「自分の命を守るため、 救命胴衣を着用して海のレジャーを楽しんでほしい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る