国体成功へもてなしの心で

 もてなすとは、お客さんを丁重に扱うという意味で、心からあなたを歓迎しますとの気持ちの表れである。旅行の宿泊先ですごく親切な女将さんに歓迎されれば、その旅行は楽しいものになるし、逆もありえる。観光地で立ち並ぶ土産物店でも、 店員が無愛想ならまず買わない。 観光客を呼び込もうとする日高地方の各自治体やまちおこしに頑張る住民団体は以前から、まち全体が客を受け入れるもてなしの心が必要だと言っている。簡単ではないが、まったくその通り。特別に何かサービスするわけではない、歓迎する心があるかないかに尽きる。
 観光とは違うが、 全国から多くのアスリートが集まる紀の国わかやま国体と紀の国わかやま大会(全国障害者スポーツ大会)がいよいよ2年後に迫った。日高地方も多くの競技の会場となっており、改修工事など進めている。ハード面は着々といえるが、ソフト面はまだ道半ば。 多くの障害者を受け入れるために必要な手話や要約筆記のボランティアが、 まだまだ足りていないという。とくに深刻なのは要約筆記。 手話は一般にもよく知られているが、要約筆記という言葉を聞いたことがない人も多く、 できる人の数が少ないのが現状だ。
 要約筆記は、人の話を分かりやすく伝えるのが役割で、主に中途失聴や難聴者のために必要なボランティア。要約しながら紙に書いていくので、もてなしの心さえあれば誰にでもできる。 国体・障害者大会でボランティアが足りなければ和歌山の名がすたる。県勢の成績にこだわるだけではなく、参加者をもてなしてこそ初めて成功といえるだろう。和歌山に来て快く帰ってもらうためにも、多くの協力を。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る