印南の小学校で津波避難訓練

 印南町の印南小学校 (平尾潔司校長) は23日、 避難訓練を行い、 全児童204人が上野山へ避難した。
 紀伊半島沖で震度6強の地震が発生と想定。 児童たちは揺れが収まるまで待った後、 グラウンド側にある出入り口から上野山へ目がけて走った。 1年生38人にとっては初めての訓練だったが、 教諭や上級生の指示に従って速やかに避難することができた。 地震発生から9分後 (うち揺れが3分) に上野山の22㍍地点に到達。 想定では地震発生から15分後に20㍍の津波が襲来することになっているため、 無事に避難することができた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る