カラテワールドカップ 前田兄弟が大健闘

 直接打撃制空手の体重別世界一を決定する第5回カラテワールドカップがリトアニアで開かれ、 NPO法人全世界空手道連盟新極真会和歌山県本部御坊支部黒岡道場の前田優輝選手(21)=美浜町和田=が軽量級で準優勝、 弟の勝汰選手(19) も中量級で3位に入り、 兄弟そろって大健闘をみせた。
 ワールドカップは4年に一度開催され、 男子は軽量級 (70㌔以下)、 中量級 (80㌔以下)、 重量級 (81㌔以上) の3階級に分かれ、 各国の予選を勝ち抜いた強豪がトーナメントで対戦。 軽量級には32人が出場、 優輝選手は初戦でカナダのマイケル・スピネッティ選手を破って順調に勝ち進んだが、 決勝はカザフスタンのドミトリー・モイセイエフ選手(28)を攻めきれず、 あと一歩のところで惜しくも優勝を逃した。
 中量級も軽量級と同じく32人がエントリーし、 勝汰選手は初戦で南アフリカのモイシ・デニス・ソンゴンゴ選手 (30) を破ったが、 準決勝で準優勝した日本の加藤大喜選手(20) に惜敗。 初のワールドカップは3位に終わった。
 女子では新極真会和歌山支部所属の横山紀子選手(21)=岩出市=が中量級 (65㌔以下) に出場、 準優勝の活躍をみせ、 今大会、 和歌山県から出場の3選手は全員が入賞した。
 試合後、 前田優輝選手は報道陣のインタビューにこたえ、 「決勝で対戦したモイセイエフ選手はパワーに加えて間合いのとり方もうまく、 最後の圧力をすごく感じ、 積極的に攻めることができなかった。 4年後は絶対に優勝したい」 とリベンジを誓った。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る