目標を持って輝こう

 和歌山市出身の女子プロボクサー真道ゴー選手が、5月にWBC女子フライ級世界タイトル戦に挑むという。彼女は性同一性障害に悩んだが、母親の言葉で心が晴れたと大手新聞に紹介されていた。その言葉とは、母親にカミングアウトしたとき「男とか女とかではなく、目標を持って生きていないのが悲しい。笑顔で生活してくれたらそれでいい」。子への愛情にあふれる母親だからこそいえる言葉だと感銘を受けた。もちろん、目標を見つけ、達成に向けて頑張る真道選手も素直にかっこいい。やはり目標を持っている人は輝いて見えるし、やる気に満ちている人がそばにいると周りにもいい影響を与える。
 自分を見つめ直すと、とても輝いているとは言い難い。仕事はこなすのに精いっぱいで、趣味と豪語していたマラソンも、忙しさを理由にもはや趣味とはいえなくなっているのが現状。無理やり輝く必要はないが、やはり目指すものがあるのとないのとでは気持ちの持ちようが違う。そろそろ自分に喝を入れなければと、真道選手の母の言葉に自分も奮い立たされた。やりたいことはたくさんある、しかしいまのままの方が楽、そんな後ろ向きな思いから脱却してもっと自分に挑戦していかなければ。そんな思いにかきたてられた。
 4月、新年度が始まり、多くの企業や官公庁では新入社員・職員が新たなスタートを切った。まだまだ緊張の連続だろうが、目標を決めてそれに向かってがむしゃらにまい進していってほしい。楽な道を選ぼうとしない、希望に満ち溢れたいまの気持ちを決して忘れてはならない。ついつい忘れてしまった時は、真道選手の母の言葉を思い出そう。目標は人を輝かす。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る