日高新報杯Jr.バレー 南部が7連覇

 日高郡市ジュニアバレーボール連盟主催、本社協賛の創刊85周年記念第13回日高新報杯兼第36回春季大会は14日に印南町体育センターなど3会場で開催され、6年生主体のAリーグに13チームが参加して熱戦を繰り広げた。新年度になって初めての公式戦。南部が日高郡市新人大会V、県新人大会女子の部3位の実力を発揮し、5試合すべてストレート勝ちの快進撃で見事7年連続10回目の優勝を決めた。準優勝は激戦ゾーンを勝ち上がってきた名田ソレイユ。3位決定戦は川辺ひかり女子が制した。 Aリーグ13チームは3、 4チームずつ4グループに分かれて予選を戦い、 各グループ上位2チームが決勝トーナメントで激突。 5年生以下のBリーグは参加チームが少なかったため、 順位を決めない交流戦扱いとした。
 南部はエース・井上の強打、 清水の速攻などの攻撃がさえわたり、 5試合とも相手を寄せつけなかった。 生駒明広監督は 「コツコツと練習をやってきたことが成果として出せたとは思う」 と7連覇達成に及第点を与えたが、 すぐに 「やらなくていい点もあった。 もう少しレシーブの練習が必要。 相手も強くなっていくので、 これから (夏の) 全国大会出場目指して頑張っていきたい」 と気持ちを引き締め直していた。
 名田ソレイユは予選グループ戦で南部に完敗したものの、 日高郡市新人大会準優勝の御坊つばさを撃破。 決勝トーナメントでも勢いは止まらず、 稲原、 内原の強豪を下して決勝に進出した。 南部との再戦となった決勝はストレート負けを喫したが、 監督代行の西田雅彦コーチは 「北野、 弓倉のサーブがよく決まり、 サーブで攻められた。 絶対的なエースがいない中、 みんな粘りのバレーができていた」 とチーム一丸で獲得した銀メダルを高く評価していた。
 開会式はメーン会場の印南町体育センターであり、 終了後には創刊85周年記念の作文コンクール 「私とバレーボール」 表彰式が行われた。 閉会式では上位3チームと、 ベスト8の各チームから1人ずつ選出された個人賞受賞者に賞状や記念品などが贈呈された。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る