日高新報杯Jr.バレー 南部が7連覇

 日高郡市ジュニアバレーボール連盟主催、本社協賛の創刊85周年記念第13回日高新報杯兼第36回春季大会は14日に印南町体育センターなど3会場で開催され、6年生主体のAリーグに13チームが参加して熱戦を繰り広げた。新年度になって初めての公式戦。南部が日高郡市新人大会V、県新人大会女子の部3位の実力を発揮し、5試合すべてストレート勝ちの快進撃で見事7年連続10回目の優勝を決めた。準優勝は激戦ゾーンを勝ち上がってきた名田ソレイユ。3位決定戦は川辺ひかり女子が制した。 Aリーグ13チームは3、 4チームずつ4グループに分かれて予選を戦い、 各グループ上位2チームが決勝トーナメントで激突。 5年生以下のBリーグは参加チームが少なかったため、 順位を決めない交流戦扱いとした。
 南部はエース・井上の強打、 清水の速攻などの攻撃がさえわたり、 5試合とも相手を寄せつけなかった。 生駒明広監督は 「コツコツと練習をやってきたことが成果として出せたとは思う」 と7連覇達成に及第点を与えたが、 すぐに 「やらなくていい点もあった。 もう少しレシーブの練習が必要。 相手も強くなっていくので、 これから (夏の) 全国大会出場目指して頑張っていきたい」 と気持ちを引き締め直していた。
 名田ソレイユは予選グループ戦で南部に完敗したものの、 日高郡市新人大会準優勝の御坊つばさを撃破。 決勝トーナメントでも勢いは止まらず、 稲原、 内原の強豪を下して決勝に進出した。 南部との再戦となった決勝はストレート負けを喫したが、 監督代行の西田雅彦コーチは 「北野、 弓倉のサーブがよく決まり、 サーブで攻められた。 絶対的なエースがいない中、 みんな粘りのバレーができていた」 とチーム一丸で獲得した銀メダルを高く評価していた。
 開会式はメーン会場の印南町体育センターであり、 終了後には創刊85周年記念の作文コンクール 「私とバレーボール」 表彰式が行われた。 閉会式では上位3チームと、 ベスト8の各チームから1人ずつ選出された個人賞受賞者に賞状や記念品などが贈呈された。

関連記事

フォトニュース

  1. ダムよりも高い?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る