県立高校入試 日高3人、紀央館5人超

 県教育委員会は5日、平成25年度公立高校入試の本出願状況を発表した。2月25日に締め切った一般出願を踏まえた最終状況で、南部龍神分校含む日高地方の10学科(日高総合科学科は付属中からの進学者のみ)のうち、6学科で出願者が増加した。
 普通科では、日高が163人で一般出願から2人増加、紀央館普通科は165人で3人増加、南部普通は102人で8人増加、南部龍神分校は23人で1人増加。このほか南部園芸科は1人、服飾デザイン科は5人が増加。一方、紀央館工業技術科、南部生産技術科はそれぞれ1人減少。日高中津分校普通科と日高定時制は一般出願から増減がなかった。
 10学科の本出願者数の合計は607人で、一般出願者数の589人から18人増加しているが、向陽普通科や桐蔭普通科など日高地方以外の学校を志望していた学生が、一般出願の結果を踏まえ、志望先を変更したとみられる。
 試験は11日に学力、12日に面接・実技となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る