県立高校入試 日高3人、紀央館5人超

 県教育委員会は5日、平成25年度公立高校入試の本出願状況を発表した。2月25日に締め切った一般出願を踏まえた最終状況で、南部龍神分校含む日高地方の10学科(日高総合科学科は付属中からの進学者のみ)のうち、6学科で出願者が増加した。
 普通科では、日高が163人で一般出願から2人増加、紀央館普通科は165人で3人増加、南部普通は102人で8人増加、南部龍神分校は23人で1人増加。このほか南部園芸科は1人、服飾デザイン科は5人が増加。一方、紀央館工業技術科、南部生産技術科はそれぞれ1人減少。日高中津分校普通科と日高定時制は一般出願から増減がなかった。
 10学科の本出願者数の合計は607人で、一般出願者数の589人から18人増加しているが、向陽普通科や桐蔭普通科など日高地方以外の学校を志望していた学生が、一般出願の結果を踏まえ、志望先を変更したとみられる。
 試験は11日に学力、12日に面接・実技となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る