名古屋の親子が御坊で花を収穫

 JAグループ和歌山らが名古屋の親子を対象に企画した 「和歌山豆とミニトマトと花収穫体験バスツアー」 が26・27の2日間、 中紀・紀南地方で行われ、 2日目は御坊市内でスターチスの収穫を楽しんだ。
 和歌山の農産物の魅力を知ってもらおうと企画し、 15組30人の母子らが参加。 2日目は朝から名田町のJA紀州中央集出荷施設がいなポートに到着し、 マスコットきちゅうくんらが出迎えた。 芝光洋組合長が 「スターチスは年間50万ケースを出荷しています」 などと紹介し、 早速近くの栽培ハウスに移動。 紫やピンクのじゅうたんを敷き詰めたような光景に、 「きれい」 と笑顔いっぱいで、 楽しそうに収穫していた。 スターチス畑を見るのは初めてという柴田幸恵さん(40)と花歩さん (7)は「すごくきれい。 こんなふうに作られていることが分かって、 参加してよかった」 と喜んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る