群馬大の片田教授が印南で講演

 印南町自主防災会連絡協議会は14日に町公民館で防災講演会を開き、東日本大震災の津波から多くの小中学生が生き延びた「釜石の奇跡」の立役者である群馬大学の片田敏孝教授を招いた。
 片田教授は、24メートルの津波が想定されている三重県尾鷲市で講演した際の、1人のお年寄りの話を紹介。「お年寄りは『24メートルなんてとても逃げ切れない。孫には迎えに来るなと言っている』と話していたが、これは大きな間違い」と指摘。「24メートルはあくまで1000年に1度。地震が揺ったからといって津波は5メートル程度かもしれないのに、自暴自棄になって避難をあきらめれば助かる命も助からない」と主張。新想定より低い避難施設も無駄でないことを訴え、「尾鷲も印南もここ何十年で地形は何も変わっていない。なのに学者の鉛筆ひとつで想定だけがコロコロ変わっている。想定にとらわれず、その日に備えて最善を尽くすことが大切」と呼びかけ、集まった200人は熱心に耳を傾けた。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る