宮井紀行 全国ツアースタート

 美浜町田井出身で、鹿児島を拠点にソロ活動を展開しているシンガーソングライター、宮井紀行さん(35)が15日、弾き語りライブツアー「Keep on Walking」をスタートさせた。桜前線とともに九州から北上、東北の被災地3県も含め、4月8日の福岡まで全国15都市。ふるさと和歌山では5日に和歌山市の本町ラグタイム、6日に田辺市上屋敷のララ・ロカレで行う。
 昨年末にリリースした3枚目のフルアルバム『Keep on Walking』は、編曲にチャゲ&飛鳥やAKB48、長渕剛らを手がける関淳二郎ほか、クレモンティーヌやエリック・マーティン(BIG)のギターを担当した目木とーる、CHARAの初期の楽曲を手がけた平田みずほを迎えてレコーディング。さらに録音した音源は、PSYなども使う韓国のjfsスタジオでマスタリングを仕上げた渾身の一枚。今回のツアーは15日の屋久島を皮切りに、20・21日長崎、22日岡山、23日大阪(枚方市HANG ON CAFE)、24日福井、25日富山、26日福島、27日・28日宮城、29日岩手、31日東京、4月5・6日和歌山、7日兵庫、8日福岡となっており、宮井さんは日高地方のファンに向けて「紀州イズムを胸に魂込めてうたってきます。どこかの会場で皆さんに会えるのを楽しみにしています。とくに和歌山で」とメッセージをくれた。
 和歌山の2公演はいずれもゲストを迎え、前売り2000円、当日2500円。5日のラグタイムは午後7時開演、6日のララ・ロカレは午後3時開演。問い合わせはラグタイム℡073―431―1355、ララ・ロカレ℡0739―34―2146。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る