県立高校入試の数学で出題ミス

 県教委は12日、11日に行われた公立高校の入試で、出題ミスがあったと発表した。数学の「大問5」の「問3」で、三角形の面積などに関する問題。「△(さんかっけい)ABCと…」から始まり、答えには三角形が何枚必要かを記す。出題側では「△ABC」を含めた「18枚」を想定していたが、「△ABC」を除いた枚数とも解釈することができ「17枚」 と答える生徒もあった。採点を担当する高校教師からの指摘を受け、県教委は「17枚」と答えた生徒も正解と認めることを決めた。
 このほか理科の「大問4 の「問5」で、「速い」の漢字が「早い」になっている誤字があったが、採点には影響しないとしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る