自衛隊協力会が入隊予定者を激励

 自衛隊和歌山協力会 (瀧頭清治会長) の自衛隊入隊・入校予定者激励会が9日に御坊商工会館で開かれ、 協力会のメンバーや関係首長ら80人が出席。 日高郡市内の入隊予定者ら12人を祝った。
 瀧頭会長は 「人生の先輩として3つのことを言っておきたい。 1つ目は自衛隊に入ったらまず友達をつくること。 自分1人で悩まず、 友達に相談してほしい。 2つ目は組織なので命令で行動することになるが、 その行動の意味を理解して、 自分で判断してほしい。 3つ目は1年たてばもう次の入隊者が入ってきて先輩になる。 後輩の面倒をよく見ることで、 自分の足りないところが分かり、 自分を磨くことにもなる」 などと激励。 来賓の二階俊博代議士秘書の二階俊樹氏らも祝辞を述べた。 記念品贈呈、 入隊者の決意表明のあと、 懇親会も開かれ、 和やかに歓談した。 日高郡市出身の入隊者は次の皆さん。
 【陸上自衛隊】山﨑亮平(印南町)、木村円香、瓜田卓海、山田優司(以上日高川町)、青松聖大、岸田信弘、新川捷次、細谷龍也(以上御坊市)、石本光(美浜町)
 【海上自衛隊】坂本美紀(由良町)
 【航空自衛隊】築山知弘(みなべ町)

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る