日高川町新年度予算案 84億5000万円

 日高川町は28日、平成25年度一般会計予算案を発表した。
 予算規模は、新町誕生後最少の84億5000万円。5月14日告示、19日投開票の首長選を控えているため、骨格予算となっている。前年度と比べ、総額で1億5488万7000円の減額。災害復旧事業費は24年度でほぼ完了するため12億3453万1000円減の209万8000円、人件費も職員の減少に伴い約1400万円減となっている。歳出面ではほとんどが継続事業で、主なところでは地籍調査に約3億2700万円、道路新設改良に約5億500万円、追谷地区簡易給水施設整備に約8900万円、商工会発売の商品券助成200万円など。新規事業としては、情報系クラウド構築業務委託料約700万円、27年に開催の国体関連で1000万円など。情報系クラウド事業は、役場内に設置しているメールや文章管理するサーバーに代わって民間企業の外部サーバーを利用する事業。防災面やコスト削減などのメリットがあり、由良、日高、美浜との4町で進めており、秋からの運用開始を目指している。
 3月定例会の会期は7日から22日までの16日間。上程は一般会計予算ほか、 議案27件、 諮問1件。日程は次の通り。
 7日=議案説明・審議▽8日=議案調査▽9・10日=休会▽11・12日=議案審議▽13・14日=一般質問▽15日=議案審議▽16・17日=休会▽18・19日=議案審議▽20日=休会▽21・22日=議案審議

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る