ふるさと納税 御坊市に5年間で300万円

 国がふるさと納税の制度を創設して5年が経過し、御坊市ではこれまでの実績を集計した。
 総額は297万999円。寄付件数と金額の内訳は初年度の20年度が19件、110万5000円、21年度が9件、46万円、22年度が9件、41万6000円、23年度が10件、45万5000円。24年度はまだ3月末まで期間が残っているが、担当課によると毎年の実績から判断してほぼ確定したとしており、10件、53万4999円となっている。これらを見ると、件数は制度創設の初年度がPR効果などがあって多かったが、以後は10件程度で、寄付者の顔ぶれもほぼ固定している。個人情報保護で寄付者の氏名など詳細は公表していないが、市内出身の県外在住者や市役所で働く市外在住の職員らがほとんどで、平均的に1口1万円程度。ただ、中には「故郷のために何か役に立てれば」と、京阪神の会社社長が毎年30万から50万円を継続して寄付している例もある。寄付金は市が自由に使える一般財源に繰り入れられており、厳しい財政状況の中、ありがたい故郷愛となっている。市は新規寄付者の開拓などへ、引き続きホームページで協力を呼びかけていく。
 ふるさと納税は、出身地とは別の土地に住んでいても、故郷のために税金を納められる制度で、2000円を超える寄付を行った場合、住民税などから一定額まで税額控除される仕組み。寄付額の上限、下限は設けられていない。

関連記事

フォトニュース

  1. ダムよりも高い?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る