県議会政務調査費訴訟 県は控訴の方針

 使途が不適切であるとして、 仁坂吉伸知事に対して議員への返還請求を命じた県議会の政務調査費をめぐる訴訟の判決を受け、 仁坂知事は5日、 「判決はちょっと機械的すぎて、 実態を考えると酷なんじゃないかと思う部分もある。 上級審の判断を仰ぐことになりそう」と述べ、控訴する考えを示した。
 仁坂知事は 「議員のさまざまな活動、 買い物、 経費など、 これらすべてを政務調査費で賄ってはいけないといのは分かる。 しかし、 いろいろな活動が同居する事務所費など、 活動の名目をすべて分けて考えるとなると、 どれも別々に事務所を借りて活動しなければならないことになる。 物品購入もちょっと議員に対して酷なのではと思うものもあり、 これらの点についてはきちんと上級審の判断を仰ぐ方がいいだろう」 と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る