県議会政務調査費訴訟 県は控訴の方針

 使途が不適切であるとして、 仁坂吉伸知事に対して議員への返還請求を命じた県議会の政務調査費をめぐる訴訟の判決を受け、 仁坂知事は5日、 「判決はちょっと機械的すぎて、 実態を考えると酷なんじゃないかと思う部分もある。 上級審の判断を仰ぐことになりそう」と述べ、控訴する考えを示した。
 仁坂知事は 「議員のさまざまな活動、 買い物、 経費など、 これらすべてを政務調査費で賄ってはいけないといのは分かる。 しかし、 いろいろな活動が同居する事務所費など、 活動の名目をすべて分けて考えるとなると、 どれも別々に事務所を借りて活動しなければならないことになる。 物品購入もちょっと議員に対して酷なのではと思うものもあり、 これらの点についてはきちんと上級審の判断を仰ぐ方がいいだろう」 と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る