大村はま国語教育の会の苅谷さんが講演

 県教育委員会の本年度和歌山教育実践研究大会が2、3の両日、日高地方で開かれ、 3日には市民文化会館で大村はま記念国語教育の会事務局長の苅谷夏子さん(56)=千葉県=が記念講演を行った。
 8年前、 98歳で亡くなった国語教育研究家の大村氏は、生徒1人ひとりの実力と課題に応じたオーダーメードの教育方針「大村単元学習法」を確立。現在でも全国の教員が対象の「最も尊敬する教育者は?」というアンケートで、吉田松陰や福沢諭吉を抑えてトップに選ばれるなど、独創的な教育実践は教師だけでなく多くの有識者の共感を得ている。
 苅谷さんは中学生時代、大村氏の授業を受け、大村氏の晩年は国語教育の会事務局長として全国の講演活動等をサポート。今回は「『教える』ということ~大村はまの教育実践~」と題し、県内各地から集まった約650人の教職員を前に、自身が大村氏から受けた言葉のパワー、生徒に対し勉強の価値を引き受ける揺るぎない姿勢とそのありがたさなどを説明。大村氏の著書や講演の中から感銘を受けた25の言葉も紹介し、「大村さんは言葉の使い方が一流で、発する言葉のすべてが空虚ではなかった。教室は生きた人と人が同じ時間を過ごす空間。教師がムダのない整理された本気の言葉を発すれば、その迫力に生徒たちの背筋が伸び、学ぶことの意味が伝わる」などと述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る