PM2・5 県もHPで測定値公表

 中国の深刻な大気汚染により、日本への影響が懸念されている微小粒子状物質(PM2・5)について県は、県内の測定結果を公表することを決め、12日からホームページへの掲載を開始した。
 中国は10日の「春節」で、花火や爆竹が大量に使用され、車の排気ガスや工場の煙などに加えて大気環境がさらに悪化。北京市内では、日本の環境基準の23倍もの数値を観測した地域もあるといわれる。
 日本もこれらの報道を受けて、国民の大気環境への関心が高まっており、環境省が全国のリアルタイムの大気汚染物質測定値を公開しているシステム「そらまめ君」へのアクセスが集中。ここ数日はつながりにくい状態にあることから、和歌山県もホームページで毎日の1時間ごとの測定値(速報値)を公表することにした。
 県内の測定機器は海南市日方の市役所屋上に設置されており、12日より過去1カ月のデータをみても、一日平均の環境基準(1立方㍍当たり35マイクロ㌘)を超えた日はなし。県環境管理課は「九州など西日本の一部の都市で環境基準を超えたという報道があるが、和歌山県内はこの冬、例年に比べて急上昇しているという傾向はない。今回の公表もあくまで、環境省のそらまめ君がつながりにくいという状況を受けてのもの」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る