近畿高校柔道 紀央館女子が活躍

 第54回近畿高等学校柔道新人大会個人戦(第29回近畿高等学校柔道体重別選手権大会)が26日に兵庫県立武道館で開かれ、女子78㌔超級で紀央館の宮﨑さくらさん(1年)が2位入賞。このほか3人が3位に入るなど、紀央館勢が活躍した。
 女子78㌔超級には7人が出場し、トーナメントで熱戦。県予選を優勝で通過している宮﨑さんは、初戦で兵庫の武庫川女子大付の選手と対戦し、足払いで倒し横四方固めで抑え込み一本。決勝では兵庫の夙川学院の選手と対戦。序盤から相手にペースを握られ、払い越しで一本負けした。大会を振り返り「決勝の相手は中学生のころにも負けた相手だったので、勝ちたかった」と悔しさをにじませながらも、2月2・3日に京都で開かれる同大会の団体戦で再び対戦する可能性もあり「そのときはリベンジを果たしたい」と意気込んでいる。
 このほか、52㌔級(25人出場)で吉田瑠奈さん(2年)、63㌔級(25人出場)で戸村紀子さん(2年)、70㌔級で岡本希望さん(1年)がそれぞれ3位に入った。松村遥香監督は「みんな結果を出せてよかったが、今後はさらに精神力を鍛え、近畿団体では3位以上を目指したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る