鶴保参議が国交副大臣に

 第2次安倍晋三内閣は27日午後の臨時閣議で副大臣25人、 政務官27人の人事を決定。 国土交通省副大臣には和歌山選挙区選出の鶴保庸介参議院議員(45)=当選3回=が就任した。
 本県の高速整備は民主党が政権を取ったときに御坊―田辺間の4車線化予算745億円が廃止されるなどで停滞しており、 自民、 公明党への政権奪還で進展が期待されているところ。 さらに鶴保議員の初入閣で弾みがつくよう活躍が期待されている。
 プロフィル 大阪府出身。 東京大学法学部卒。 衆議院議員秘書を経て平成10年7月、 参院選和歌山選挙区で初当選。 以来国土交通大臣政務官、 自民党国会対策副委員長、 参院議運委員長などを歴任した。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る