荒堀さんと石水さんに厚労大臣表彰

 長年にわたって戦傷病者、 戦没者遺族、 未帰還者留守家族らの援護に関する事業に携わり、 顕著な功績があった人たちをたたえる援護事業功労者厚生労働大臣表彰で、 日高地方から県遺族連合会会長・荒堀清隆さん(72) =みなべ町芝=、 県傷痍軍人連合会監事・石水俊雄さん (87) =由良町三尾川=の受賞が決まった。 県内では両氏を含めて3人。 表彰式は11日午前11時から東京都千代田区霞が関の中央合同庁舎で行われ、 荒堀さんが受賞者119人を代表して大臣から表彰状を受け取る。
湯川厚労大臣表彰荒堀さん顔.jpg湯川厚労大臣表彰石水さん顔.jpg
 戦没者遺族援護功労受賞の荒堀さんは、 昭和17年にパプアニューギニアで父清弘さん (当時34歳) が戦死した関係で、 同42年に県遺族連合会青年部に入部。 以後、 同会壮年部でも戦没者遺族らを支援し、 積極的に会の運営に貢献してきた。 平成21年4月には同会の会長に就任。 受賞については 「皆さんのためにと思って取り組んできたことに対して評価していただき、 大変光栄。 今後は今回の表彰に恥じないように戦没者遺族らの福祉向上に尽くしていきたい」 と話している。
 戦傷病者援護功労受賞の石水さんは東京で近衛兵だった昭和20年3月、 空襲に遭い、 爆風で飛ばされて右足を負傷した。 傷痍軍人会には50年ほど携わっており、 平成11年4月から10年間、 日高郡傷痍軍人会の副会長。 平成21年4月から現在まで県傷痍軍人連合会監事を務めている。 受賞に際しては 「表彰をいただけると思ってやってきたわけではない。 一人の力ではなく、 いろんな人たちに支えられてやってこれただけのことで、 みんなの力での受賞と思ってお受けしたい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る