美浜町が出生祝い金支給へ

 美浜町の森下町長は11日開会の議会12月定例会に、 出生祝い金等支給条例の制定や自身の給与を減額するための条例改正など13議案を提出する。
 出生祝い金・子育て応援給付金は少子化対策と児童福祉の充実を目的とし、 第3子以降の出産に対し、 1人につき10万円 (双子の場合は20万円) の祝い金を支給。 さらに子育て応援給付金として1人につき20万円を3歳時に10万円、 5歳時に10万円と分割して支給する。
 ほか、 町長の給与に関する条例改正は、 1月分のみ、 現行の63万円から1割カットの56万7000円に減額。 福祉医療費給付に関する条例改正は、 子どもの医療費の全額公費負担対象年齢を引き上げる内容で、 現行の12歳までを15歳までに拡大する。 15歳までの医療費無料は日高地方では日高町、 由良町、 日高川町、 みなべ町に続いての措置。 印南町は18歳まで無料となっている。
 出生祝い金の支給や医療費無料枠の拡大は森下町長の公約だが、 議会の一部からは 「バラマキ」 「人口減対策にならない」 などと強い反発、 疑問の声もあり、 森下町長は 「これだけで人口減に歯止めがかかるわけではないが、 さまざまな施策の1つとして必要と判断した」。 給与の減額は、 9月議会で取り上げられた三尾公民館の目的外使用の問題に関し、 森下町長自身が貸し出しを区長に指示した責任を問われ、 自らペナルティーを科す形となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る