衆院選 3区は3人立候補

 第46回衆院選は4日に公示し、 本県3区では共産党新人の原矢寸久 (61) =白浜町=、 日本維新の会新人の山下大輔 (45) =和歌山市=、 自民党前職の二階俊博 (73) =御坊市島・当選9回=の3氏が立候補。 16日の投開票まで12日間の短期決戦がスタートした。 平成21年の真夏に行われた前回選挙と打って変わって、 師走の寒風が吹き荒れる中での出陣式となったが、 各候補者ともに経済、 防災、 観光、 原発、 消費税などの政策を訴えて熱のこもった第一声を放った。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る