県農林水産業賞 日高地方は2氏

 知事が農林水産業や地域づくりに多大な貢献のあった個人、団体をたたえる県農林水産業賞の受賞者が決まり、ことしは農業、林業、地域づくりなど4部門で11人と3団体が受賞。日高地方からは農業部門で印南町農業士会会長の堀池邦彰さん(57)=津井=、地域づくり部門で日高地方生活研究グループ連絡協議会副会長の龍田江美さん(66)=日高川町田尻=の2人が選ばれた。
玉井堀池さん1.jpg1.jpg
 農林水産業と関連産業の振興、発展、農山漁村の活性化に貢献のあった個人、団体を対象に、ことしは農業部門で7人と1団体、林業部門で1人と1団体、水産業部門で2人、地域づくり部門で1人と1団体が受賞。12月5日午後1時半から県庁4階の正庁で表彰式が行われ、仁坂吉伸知事から表彰状が授与される。
 堀池さんは、地域に先駆けて野菜中心だった経営に花を導入し、印南町花き連合会の会員として積極的に花き栽培を推進。栽培農家の大きな課題である種苗費の削減へ、低温育苗施設を導入するなどを進め、低コスト化を実現した。現在は町の農業士会会長、鳥獣被害防止対策協議会会長農業委員などを務め、若手農業士の指導・育成、イノシシ等の有害鳥獣対策などに尽力。平成12年12月から20年12月までは教育委員(2期)も務めた。
 龍田さんは、高齢者のいきいきサロンなど地域活動に積極的に参加し、得意な料理を生かして月1回の高齢者の昼食会を開催。生活研究グループ活動では地域食材の活用を進め、農産加工グループをつくるなど、女性起業の先駆けとして活躍している。現在は法務大臣委嘱の人権擁護委員、町生活研究グループ連絡協議会会長などを務め、過去には町女性団体連絡協議会会長も務めるなど、優れた指導力を発揮している。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る