衆院選 二階氏も地元で気勢

 12月4日公示、 16日投開票の衆院選で共産党新人の原矢寸久氏(61)=白浜町=に続いて自民党前職の二階俊博氏 (73) =市内島・当選9回=も17日、 解散後初の日高地方入り。 この日夜に御坊事務所で開かれた選挙対策会議で10選に向けての決意を表明した。
 最初に 「紀伊半島から政権奪還ののろしを上げるといって3年半。 あのときの約束を果たす責任があると感じ、 10回目のチャレンジを決意した」 とし、 「民主党は高速御坊―田辺間の4車線化予算745億円をいとも簡単に廃止した。 高速整備は我々の悲願。 和歌山を全国より優れるようにしてほしいとまでいっていない。 せめて他府県と同じレベルにすることを望んでいるだけにもかかわらずである」 と民主党への不満をぶつけた。 抱負については 「災害と景気対策に全力を尽くしたい。 そのために国土強靱 (じん) 化法案が必要。 この法案では10年間で200兆円を投入して災害対策を行うが、 半分は経済対策につながる」 と意欲。 さらに 「今回の選挙は日本の進路を決定する重大な選挙。 ただ勝つだけではダメで、 政治に対する和歌山の真剣度を示してほしい」 と支援を呼びかけた。 新風会の高垣宏会長や地元県議らも 「県民の憤りをこの選挙にぶつけよう」 などと気勢を上げた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る