紀南最終処分場 一部事務組合発足へ

 みなべ町など紀南地方11市町村から出る一般廃棄物と産業廃棄物の最終処分場の計画を進めている紀南の11市町村と県は14日に田辺市の西牟婁総合庁舎で会合を開き、 紀南広域廃棄物最終処分場整備協議会を設置した。
 平成20年12月に施行された公益法人制度改革に伴い、 25年11月末までに現在の紀南環境整備公社から一部事務組合に移行することが目的。 会合では、 会長に田辺市の真砂充敏市長、 副会長に新宮市の田岡実千年市長がそれぞれ選ばれた。 現公社は来年10月末ごろに解散する見込み。 新しい事務組合は来年8月ごろの発足を目指す。
 同公社は平成17年7月に発足。 田辺市稲成町が最終予定地として廃棄物処理場の建設を進めている。 29年に完成する見込みで、 廃棄物の埋設期間は15年間を想定。 容量は約30万立方㍍とする。 事業費は工事費と維持管理費合わせて約64億円。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る